施工事例

個人邸の松の支柱更新工事

作業風景

施工内容

川崎市高津区の個人邸の門冠の松の支柱更新作業です。

立派な松ですが、経年劣化により支柱が腐ってしまいました。台風が来る前にとのご要望で施工いたしました。

差し枝の付け根の頬杖支柱を更新し、差し枝の先を支える為に門柱の裏にもう一本頬杖支柱を設置しました。

次に7mの梢丸太を2本組んで松上部と結束し、丸太の設置箇所は根杭を打ち込みました。

2本の頬杖支柱に7mの差し丸太を差し枝に沿わせるように設置し、やや門の外側を向いていた差し枝を内側に誘引しました。

差し枝の内側に竹組を施し、松の細かい枝を誘引し、形を整えました。

ページトップへ